ややネコよりブログ

neko

   ミツカ ミーツ キャッツ?

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

つるつる

 今日は歯石取り。
 さすがに医学は毎日進歩しているのだなあと実感しました。
 数年前にやってもらったときは、(もしかしたらその歯医者さんがヤブだったのかもしれませんが)血だらけになったので覚悟していたのです。
 3段階にわけた治療。そのまん中の方法が、予想していた「金属の棒でガリガリ」でした。
 最後の、「磨きまーす」と優しく言ってくれた女医さんのことばが忘れられません。あれ、いったいなにをやっていたんですか?
 終わった後、歯がつるつるになっていて大感動なんですが……!
 まだ通うことになりますが、悪いところがよくなるのは気分がいいものです。

 4月に入り、せっかくなので新しい気分に浸ろうと韓国語を勉強することにしました。
 何度も挑戦して挫折しているのでどうなるかわかりませんが、できるだけがんばります。
 ほんとうは英語をやったほうがいいとはわかっていても……横文字を見た瞬間に睡魔が襲ってくるのです。
 残念です……。

- : -

げほげほ

 おお、カゼひいてしまった。
 体温計がないから、熱があるかわからにゃい。

- : -

おかたづけ

 今日も歯医者さん。
 「かなりしみますが、我慢できますか?」と聞かれた。
 ここで、「できません!」と言える大人がいたらスゴイ。
 まだカゼが完全に治っていないのか、鼻が少しつまっていて、呼吸困難になったらどうしようと心配していたせいか、ほとんど歯に集中できなかった。そのおかげであんまり痛くなかった。ラッキーです。

 夜、佐川急便のお兄さんが大きな荷物を届けてくれた。
 ネット注文していたプラスチックケース、もちろん収納用。
 生活の必需品だけれど、こういうものは届いてもまったくワクワクしない。
 週末はおかたづけだなー。

 猫グッズは少しずつ集めているけれど、まだちゃんとネコちゃんを飼ってあげられる自信がない。
 とりあえず部屋をきれいにして、準備だけはしておこうかな、と今は我慢の日々なのです。

- : -

ヤブ

 やっぱり彼はヤブだった。

 今日も歯医者さん。3日連続です。
 昔、前歯の少ーし欠けたところを整えてもらっていたんだけれど、それが要するに「下手くそ」で、歯茎を圧迫して変色していた……。もう何年間?
 今の歯医者さんは相当腕がいいような気がする。
 患者さんがひっきりなしに来ているせいか、慌ただしい診察だったものの、終わってみればものすごくキレイにしてくれていた。びっくりした。
 歯科衛生士のお姉さんも、歯石取りとかすごく上手(と思う)だし、他の助手さんもいい人ばっかり。またなにかあったらここに通おう。
 あの実家の近くの歯医者さんは、きっとヤブだったんだろうなあ……。


 大好きな猫ブログから写真を拝借して、会社のパソコンの壁紙に設定している。
 ミツカ(←ここ、本名)さん家のネコ? と聞かれて、いいえ、と答える。
 そうかー。いつかネコを飼ったら、写真を撮りまくって壁紙に設定してデスクにも飾っちゃうのかもね。
 いつになることやら。

 ネコ雑誌を買って読んでいたらば、新しい知識が増えた。
 短毛種のネコは、シルクの布で拭いてやるとツヤが出るそうな!!!
 使い古しのシルクのスカーフで可、とか言われて見てみたら、数年前ワゴンで買ったものが100%シルクだった。
 100% SOIE (フランス語)
 100% SILK (英語)
 100% SEIDE (ドイツ語)
 なんと3カ国表記で一生懸命主張していた。MADE IN FRANCEである。
 でも確か1枚500円だったような……。得したわ。
 いざネコの毛拭き用にするとなると妙に惜しくなるのがおもしろい。
 ドライクリーニング・オンリーと注意されているのに、思いっきり洗濯機で洗ってしまった。でもなんともないの。嬉しいけれど、ちょっぴり表記を疑う瞬間だ。

- : -

トーキョー

 そう言えば、今日から映画「東京タワー」が公開ですね。
 幸運にも、2ヶ月も前に試写会で観てきました。
 正直、観る前は「また東京タワーか」の気分。タダだし、行くかー、そんなスタンスで行ったのに。
 私はもうぼろ泣き。
 監督も脚本も、よかった。
 俳優も、よかった。オダギリジョーさんって、いい味出す人ですねー。樹木さんの病気のシーンは圧倒されました。
 見終わった後、無性に親孝行がしたくなる映画です。
 そうしてそれが気軽にできない自分が情けなくなったりします。
 福山雅治さんの歌も淡々とラストの余韻を飾って、今もたまに頭のなかを巡ります。するとちょっぴり泣きたくなったり。

 トーキョーって、来てみたら別に大したことなかった。
 でも、ときどき、押しつぶされそうになる。他人と毎日電車のなかで肌を触れあわせている。気持ち悪くて、よく考えればとっても異様な空間。それが当たり前になっている。それがトーキョーなのかも。

 オカン、って呼んだことはないけれど、オカン、ってなんだかいい響きだわ。

- : -

うっかりさん

 早く猫の話題をたくさん書きたいなー。
 そんな今日このごろ。

 ネットの大バーゲンでスパッツを買った。
 長さ100cmと思っていたら、身長100cmの人用(つまり、お子さま用)のスパッツだった。
 悔しいから、無理やりにはいてみた。
 尻が半分隠れない……。
 うっかりさんは一生治らない病のようですよ。

- : -

じんじん

 今日も歯医者さん。
 銀の詰め物が半分欠けているところを治すことに。
 残っていた銀歯をはがすと、なんとその下は虫歯だったという……。
 そのため、深く削るはめになってしまった。
 その穴に薬を詰めてもらって、今は仮歯が被さっている。

 麻酔がものすごく効いたせいで、口がぜんぜん動かない。
 そんなときに限って買うものがあるんだ。
 ティッシュとコンタクト溶液を購入し、もう夕食をつくる気力もないので50円引きになっていたお寿司を買った。豪勢じゃのう。
 無言でレジを通ることができない性分なので、ふにゃふにゃと礼を言った。思いっきり不審人物である。
 しかも、ことばが出ないので代わりに動作が大きくなってしまう。会釈どころか、ぴょこんっとお辞儀をする客。怪しいな、自分。

 だんだん麻酔が切れてきた。
 じんじんする。
 痛い……。
 歯みがきは大切だにゃー。

- : -

にくまん

 ごはんを食べ終わってから思いだした。
 コンビニの肉まんを食べたかったことに……。なんだか切ない。

 関西では、肉まんと言わずに「豚まん」と言う。
 なぜなら、「肉」は「牛」のことであり、「肉まん」なら「牛肉まん」になってしまうから。
 「今夜はお肉やで〜!」とオカンが言ったならば、その日の夕食は絶対に牛肉が登場するはずなのだ。
 と、説明を聞いて、とりあえず納得はしたけれどそんなこと考えたこともなかった。
 無意識なんだな。
 でも最近ではけっこう違和感なく「肉まん」って言ってる私。

 あと、コンビニのセブンイレブンをこっちの人は「セブン」って呼んでいるなあ。
 私は「セブイレ」。
 関西人が全員こう言っているかは知らない。
 でも、あれはセブイレだろう。
 セブンだったら、イレブンが無視されてかわいそうじゃないか!
 アホである。

- : -

つきじ

 近所に友だちがいる。
 とりあえず かおち と呼んでおこう。
 たまたま引っ越ししようとした土地に住んでいたという、ご縁のある子だ。
 金曜の夜に会うことになり、すると帰りの駅で偶然にも会った。
 これは初めてのこと。
 引っ越してから約束をして、それで会ってしまうんだからなんだかほんとうに縁を感じるわ。
 びっくり……。
 しかし、感慨に耽っている場合ではない! 家は相変わらずえらい状態なのだ。
 急いで家に帰って、片づけて掃除機をかけてなんとか体裁を整える。
 夕飯の買い物をするためにスーパーで待ち合わせ、一緒に私の部屋へ帰った。
 お好み焼きを焼きながら、久しぶりのトークにはまる。
 しゃべる。
 しゃべる。
 しゃべる。
 気がつくとその日が終わっていて、3時くらいに寝ることを諦めた。
 なぜなら、その子に誘われ、土曜の朝4時にタケノコ掘りに出発する予定だったから。
 結局、4時半に家を出て、かおちの家へ。車に乗ってタケノコ掘り主催者ノモさんのお家へと向かう。
 タケノコ掘りと言っても、私はただ車のなかでボーーーッと待っていただけ。
 す、すみません……。
 汗だくになったノモさんは、なんと10本もの収穫を手に帰ってきた! お疲れさまです!

 それで帰って寝る気満々だったかおちと私。
 ……朝ごはん食べに行こう! とノモさんがハンドルを握り、なぜか……なぜか着いた先は築地だった……。
 ナンデ?

 築地は3〜4回目かな?
 それにしても一日が長い。
 ノモさんはやけに東京に詳しく、右に見えますのは、とか、左に見えますのは、とか、観光案内をしてくれながらのドライブだったもので、明らかに最短ルートを走ったのではないと思う。
 それでも到着したとき時計はまだ8時だった。
 築地で流行っているものは魚じゃないんだよー、とのおことばに従い、なぜかカレーを食べに行く。
 ちなみに、頭にタオルを巻いたジャージ姿のノモさんは完全に築地と同化していた。

築地カレー
中栄さんで朝ごはん(?)。
2つのソースを味わえる「合がけ」。印度カレーとハヤシライスを選ぶ。
やけにおいしい!

築地まぐろ
まぐろちゃん。
築地の人々は活気に溢れていて、見ていて清々しい。


 ようやく帰宅したのは、昼の11時過ぎ。
 有意義な休日である。
 ここでずっと起きていればいいのに、やはり睡魔に負けてしまった。午後はなくなった。
 次の日から、朝、かおちと一緒に歩くことに。
 これからもよろしくね。

- : -

あさ

 日曜日なのに、5時台に起きた。
 かおちと待ち合わせをして、1時間住宅街を歩く。
 通りには人影がちらほらと見え、その数は予想以上に多い。
 空は曇っていたけれど、雨が降るようすはなかった。
 うーん、気持ちのいい朝だ。

 帰ってから、築地の余韻を残す朝ごはんを食べる。
 大定さんで購入した甘い卵焼き。
 六角形の杉の箸はとってもいいにおい。花粉症だけれど、そもそも杉に罪はないのだ。
 まぐろの煮付けはノモさんから教えてもらったとおりにやった。醤油で煮ただけ。でもおいしい。
 タケノコはかおちが糠で煮てくれたのを、今日の朝くれた。ありがとう。醤油をつけて食べました。
築地ごはん
 関係ないけれど、このお皿は友人がつくり、飯碗は私がつくった。


 夜も同じようなメニューで食べ、こんなにしっかり三食摂取したのは久しぶりなので、健康的だけどなんだか太った気がする……。
 複雑な気分なのだ。

- : -